Pocket

画像説明

実はクレジットカードのショッピング枠の現金化は簡単。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法とは?違法?仕組みを徹底解説!

実はクレジットカードのショッピング枠の現金化は簡単。

そして違法ではないのです。

クレジットカードの現金化について、その具体的な仕組み、違法性はないのか、そしておすすめの現金化の方法について解説していきます。

現金を必要としている方は是非最後までご覧下さい。

h2:クレジットカードの現金化とは?

「どうしてもお金が欲しい!」といった場合、まず思い浮かぶのはクレジットカードのキャッシング。

しかし、キャッシングを利用するにはまず審査が必要なため、急ぎで現金が必要な場合には適しません。

その上、キャッシング枠はショッピング枠より上限額が低く、やっと審査に通っても少額しか借りられず、そもそも審査に通らないことも。

急に、そして多くのお金が必要な場合に利用されるのは、キャッシングではなくクレジットカードのショッピング枠の現金化なのです。

現金化の仕組みは非常にシンプル。

クレジットカードで換金性の高い商品を購入し、その商品を売るだけ。

これで簡単にクレジットカードのショッピング枠を現金化することが出来ます。

通常の買い物に売るという一手間が加わっただけですね。

新たに借り入れをするわけではないので、信用情報が汚れないのも大きなメリットです。

家族などにバレることもまずありません。

h2:クレジットカードの現金化は違法?

簡単に現金化が出来るとは言え、違法かどうかはやはり気になるところでしょう。

実はクレジットカードの現金化を規制する法律は存在せず、法律上の問題はないのです。

逮捕されることはありませんのでご安心下さい。

ただし、現金化はクレジットカード会社の規約では禁じられています。

そのため、現金化がクレジットカード会社に発覚してしまった場合、クレジットカードが強制解約となったり、一括で返済を求められたりする恐れがあります。

他にも、現金化をする際のリスクとして、債務整理ができなくなる可能性も存在します。

債務整理では、手続きを完了したとしても裁判所による債務の免責の許可が下りないケースを「免責不許可事由」といい、クレジットカードの現金化が免責不許可事由とみなされる可能性があるのです。

これらのリスクがあることは踏まえて現金化を行いましょう。

h2:自分でクレジットカードを現金化する具体的な方法

それでは、実際にクレジットカードを現金化する具体的な手法を解説していきます。

一時期はメルカリで現金が出品され(1万円札が12,000円とかで売られていた)、それを買うだけで現金化できたこともあったのですが、さすがに規制されてしまい出来なくなってしまいました。

現在はクレジットカードのショッピング枠で購入した物を少しでも高く売る方法しかありません。

そのためには換金性の高い商品を選びましょう。

クレジットカードの現金化に向いた、換金性の高い商品をご紹介していきます。

h3:【換金率の高い商品①】新幹線の回数券

換金率70~95%
リスク高い
購入場所みどりの窓口・券売機
売却場所金券ショップ

換金率が高いことで知られているのが新幹線の回数券。

区間によっては90%を越えており、非常に優秀です。

ただし、その分現金化に使用されることが多く、クレジットカード会社が警戒しています。

回数券を繰り返し購入したり、一度に沢山購入したりするとすぐに疑われてしまうのです。

少額を一度きりなら良いかもしれませんが、リスクが高いのであまりおすすめは出来ません。

h3:【換金率の高い商品②】Amazonギフト券

換金率65~77%
リスク低い
購入場所Amazon公式サイト、コンビニ等
売却場所買取サイト、金券ショップ

クレジットカードの現金化で最もメジャーな方法がAmazonギフト券。

簡単に購入でき、かつリスクも低いため、多くの人がこの方法を使用しています。

しかし、現金化で使われることが多いせいか、値崩れを起こしており、以前より10%ほど換金率が下がってきています。

換金率を考えると微妙なところでしょうか。

iTunesカードやGoogle Playギフトカードの換金率もほぼ同様です。

ちなみに、AmazonはAmazonギフト券の転売を禁じていますので、Amazonアカウントが停止になるリスクもあります。

h3:【換金率の高い商品③】JCBギフトカード

換金率85~95%
リスクやや高い
購入場所JCB公式サイト、一部販売店
売却場所買取サイト、金券ショップ

最近Amazonギフト券に続いて人気なのが、JCBギフトカードを始めとした信販系ギフトカード。

極めて換金率が高いため、現金化に使われることが増加。

その分クレジットカード会社が警戒してきているため、リスクはやや高くなっています。

また、店舗ではあまり売っていないため、ネット上で購入することになりますが、送料として440円が必要になります。

h3:【換金率の高い商品④】ブランド品

換金率40~85%
リスク極めて低い
購入場所各ブランドショップ、百貨店等
売却場所質屋

最もリスクが低いのがブランド品。

ブランド品を購入して現金化を疑われる可能性はまず考えられません。

ただ、問題は換金性の高いブランド品を見つけられるかどうか。

失敗すると半値以下になることもザラにあるため、目利きに自信がある方にしかおすすめ出来ない商品です。

上記のような商品の他に、ゲーム機や家電なども使われることも。

ただし、これらもブランド品同様、目利きに失敗すると大きく損をするという難点があります。

h3:自分で現金化する際のデメリット

「新幹線の回数券」や「JCBギフトカード」なら高い換金率で現金化できますが、リスクが高いのが現状です。

反面、安全な「Amazonギフト券」や「ブランド品」だと換金率が低いため、悩ましいところ。

しかも、これらを全て自分で行うのはかなり手間もかかります。

仕事の合間を縫って現金化を行うのは楽ではありません。

そのため、最近ではクレジットカードの現金化を業者に頼むケースが多くなってきています。

というのも、業者に依頼すれば手間はかからず、換金率にも優れていて、安全性も高いのです。

自分で現金化を行うのと一体何が違うのでしょうか。

詳しく解説していきます。

h2:クレジットカード現金化業者とは?選び方は?

クレジットカードの現金化を代行してくれる現金化業者。

主に「買取方式」と「キャッシュバック方式」に分かれ、おすすめはキャッシュバック方式の業者です。

買取方式の場合、自分で行うのと基本的な仕組みは変わりません。

業者が代行してくれるので手間はかかりませんが、換金率は業者を挟む分下がります。

リスクも変わらないため、利用するメリットは薄いのが正直なところです。

キャッシュバック方式の場合、業者指定の商品を購入し、業者がキャッシュバックとして現金を振り込んでくれるというシステムです。

商品は後日郵送やメールで受け取ります。(商品自体は特に重要じゃありません)

このやり方だと、換金率が高くない商品を購入しているので、クレジットカード会社にバレるリスクが極めて低いのです。

しかも、全ての手続きがネット上で完結するため、非常に簡単。

業者側のコストも少ないため、換金率も高い傾向にあります。

ちなみに、キャッシュバック自体にも違法性はありません。

インターネット回線やWi-Fiルーターの契約などでよく見かけるシステムで、一般的に行われていることです。

クレジットカード現金化業者の選び方としては、キャッシュバック方式の業者がベスト。

その中で極力換金率が高い業者を選んでいきましょう。

続いては、具体的におすすめのクレジットカード現金化業者をご紹介していきます。

h2:おすすめのクレジットカード現金化業者3選!

h3:現金化堂

現金化方式キャッシュバック方式
換金率85%

キャッシュバック方式で、かつ換金率が非常に高い業者。

「最大換金率90%!」といった業者も見かけますが、90%はあくまで最大値。

「100万円以上の利用」などの条件が付いていたり、送料や手数料が差し引かれたりと、結局70%程度まで下がってしまうケースが多いのです。

その点、現金化堂では85%の換金率が保証されていて、余分な手数料などもかからないため、安心して利用できます。

さらに、海外のクレジットカード決済では海外を経由し、クレジットカード会社にバレるリスクを極限まで下げているのも良いところ。

クレジットカード現金化を考えているなら最もおすすめの業者です。

公式サイト:https://genkinkado.net/

h3:エースキャッシュ

現金化方式キャッシュバック方式
換金率80%

利用者10万人越えの実績を持つ現金化業者。

現金化堂と比べてやや換金率は劣りますが、対応の早さが特徴。

最短20分で送金してくれます。

24時間365日受け付けているため、「とにかく急いで現金化したい!」なら最適。

また、購入した商品はメールで受け取るだけと、家族に怪しまれたくないという方にもおすすめです。

公式サイト:https://anshinhome.net/

h3:ライフパートナー

現金化方式キャッシュバック方式
換金率60~80%

ホームページ上では86~98%と非常に高いものの、実はここから手数料等が差し引かれます。

やっかいなことに、手数料額が記載されておらず、申し込む段階までわからないのです。

利用者のレビューを見てみると、事実上の換金率は60~80%とかなり幅があり、総じてあまり高くありません。

比較的有名なため利用者は多いものの、実際の換金率が不透明なのは大きなマイナスと言えそうです。

公式サイト:https://0120447888.net/rank/index.html

実は、「換金率90%以上」を謳っている業者は多いですが、そのほとんどがライフパートナー同様に手数料を差し引かれます。

その手数料は基本的に明示されておらず、申し込む段階になるまでわかりません。

これではとても安心して利用することは出来ませんよね。

手数料も込みで考えると、現金化堂が最も換金率が高い業者と言えそうです。

h2:クレジットカード現金化業者を利用した人の口コミ

【※以下引用タグでお願い致します】

26歳男性

ちょっと前に『クレジットカード現金化』ってやつをやってみたけどバカみたいにぼったくられた。

3割くらい取られたと思う。

あの業者はもう二度と使いません。

37歳男性

自営業を営んでいるが、コロナによって売上が激減。

これ以上借りられるところがなく、どうにも資金が回らなくなり、クレジットカードを現金化することに。

ネットで見つけたクレジットカード現金化業者に依頼。

業者の指示で新幹線の回数券を46万円分購入し、その業者に郵送して42万円で売却。

しかし、5日後にクレジットカード会社から電話が入り、その場はなんとかごまかしたものの、結局アウト。

クレジットカードは解約になり、一括請求に46万円を一括で請求されるハメに。

よくよく調べたところ、キャッシュバックというやり方ならクレジットカード会社にバレるリスクはほぼなかったとのこと。

あの時ちゃんと調べておけばと悔やんでも悔やみきれません。

結局今でも新規でクレジットカードを作れずにいます。

28歳女性

今回は現金化堂を使ってみました
換金率もよく迅速な対応をとってくれるので使い勝手がいいですよ。

次回も利用したいです。

32歳男性

エースキャッシュは月末にお金が足りなくなった時に利用してる。

審査無しですぐ振り込んでもらえるから便利。

本当に手軽だね。
一度使ったら消費者金融なんか馬鹿らしくて使えないよ。

h2:まとめ

クレジットカードの現金化についてご紹介していきました。

長くなってしまいましたので、簡単に概要をまとめます。

・現金化は審査不要で多くの資金をすぐに手に入れられる

・クレジットカード会社にバレれば強制解約されるリスクはあるが、法律違反にはならない

・自分で現金化できるが、バレるリスクが高い or 換金率が低くなってしまう

・現金化業者を利用した方がクレジットカード会社にバレにくく、換金率も高い

・キャッシュバック方式で、換金率が高い業者を選ぶ

クレジットカードの現金化を検討しているなら、85%保証と換金率高く、安全性も高い現金化堂がおすすめです。

対応も良いので、気になることがあれば気軽に問い合わせてみると良いですよ。

公式サイト:https://genkinkado.net/

画像説明

本物の贅沢

優雅でシックなお食事をBentoでお楽しみください。カウンターのハイバックチェアでリラックスしたお食事の時間を過ごせます。

画像説明

伝統

Yami HouseにあるBentoには素晴らしい歴史があります。歴史的な空間でお食事を楽しみながら歴史をひもといてみてください。

画像説明

最高ランク

Bentoは地域で最高クラスの評価をえているレストランです。魅惑的な食事とおいしいドリンクをぜひ味わってください。

弁当、ステーキ、寿司

123 Example Rd

Scottsdale, AZ 85260